2021.11.11 Thursday

【地球温暖化】シベリア(温暖化への警告)

ロシア極北地方の遊牧民のネネツ人がトナカイの群れを率いて内陸へ向かっている。トナカイのエサである牧草が雪に埋もれたからである。季節の変化に伴い夏の放牧地と冬の放牧地を移動します。オビ川の河口についたときに一行は足を止めました。川幅が数キロにも及ぶ凍った川をトナカイ1,000頭と渡らないいけない。氷の厚さが十分が調べてから渡るが気温が年々上昇し川の氷が薄くなってきている。
遊牧民とトナカイは冬の牧草地に着くのが1カ月も遅くなっている。

SDGs


シベリアでは永久凍土が溶け始めて、直径1kmにも及ぶクレータが出来ている。

SDGs

このクレータで一攫千金を狙ったハンター達が夜中にライトを付けてさまよう。永久凍土から貴重な動物の骨などを掘り当てるためだ。
そこには何万年前の細菌も埋もれている。3万5千年前の炭そ菌も発見されている。危険な感染症が流行するかもしれない。
| top |

Page Top

Calender

<< November 2021 >>
SunMonTueWedThuFriSat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

QR Code